ロシアビジネス 農業

現在、会話倶楽部の現地運営者のナイディン氏が情報を集めてます。

日本からのリクエストは大豆とハチミツ。これは主要産業ですのでナイディン氏が知り合いに話をしてます。

沿海州の農業党の党首だったので農家関係の知り合いは多いです。農奴でなく農業経営者の方達ですのでネットではまず、紹介されない情報です。

彼は国会議員の選挙に農業党で出馬しましたが。反プーチンはに属してましたので落選した理由はプーチン氏の農業党解体だったと私は考えてます。将来を考えれば農作物は生きるための必要品ですので農業党を潰してそれに代わり自分で農業を支配しよと考えたのでしょうね。ようやく数年前からロシアでは高品質の野菜そして畜産物が誕生してますので私の予測も間違いではなかったと考えてます。

 

ハチミツは個人では可能ですが大きな規模では養蜂業は無理ですね。

大豆は米中問題の大きな焦点の一つです。アメリカの大豆を中国が買わないとトランプ氏がアメリカ農業団体から非難されると考えてたようですがアメリカが中国に輸出できない大豆は日本が購入するようです。

 

沿海州の大豆は・・・ロシア人は家畜の肥料以外の使い道がないのですべてを中国に輸出してます。移送方法も陸路で繋がってますしウラジオストクの大豆は中国の国境まで100キロありませんので運送費も格安です。

 

現在1ルーブルが1.6円前後と最低に近いですがこれがロシアの景気回復で1ルーブルの価値が上がれば収益も同じように当然上がります。

ロシア人は今のルーブル高は問題だが生活が出来ないレベルではありません。
ロシア人の希望は1ドル30ルールです。かつてのロシアの好景期時期の為替で現在は1ドル68ルーブルですので半分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です