鉄のカーテンのロシアをスパイしました!

冷戦時代だったらスパイだと大罪です。
現在はネットを使ってGoogleでウラジオストク国際空港周辺を上空から詳しく見ることが無料で誰でも見れるのでこの私の行為は何でもありません。
現地の土地勘が少しあるので説明します。


ウラジオストク国際空港から市内中心地までは約55キロ。現在は高速道路や数キロに渡る橋が海の上を通ってるので時間が短縮されてます。

海上橋を渡る前にロシア空軍基地がありますが現在は立ち入り禁止?なのでしょうか?以前は警備や関係者が誰もいなかったので飛行機の傍まで近づき機体と一緒に写真撮影をしてという会員さんがいました。
写真説明で2としてますが説明は不要ですね、見ればわかります。


もっと拡大すると・・・前に数えたときは32機留ってました。
スクランブルに備えてるのでしょうか?

ロシアの空軍機に触りたいですか?
触れる場所があります! 数字の3、この場所に留ってます。
この場所はレーシングサーキットみたいですがそうなのです。
写真3を拡大すると・・・常時展示中です。ただし、サーキット場に入る許可が必要な場合があります(レース開催中など)

おまけの写真 Mig17?

撮影場所はハバロフスクの赤軍博物館の中庭。
Mig17はベニヤが使われてると噂で聞いてたのでチェックしましたがすべて金属でした。

モスクワではスホイ30で体験飛行が可能です。体力やその他の検査があります。
30分のフライトでお値段は2万6千ドルくらいのようです。
高いか安いか? もちろん高いですが一回のフライトに従事する人は約80名必要だそうです。
ウラジオストクでも空軍のトップの人を紹介してもらうように頼んでるのですがまだ返事がきません。ウラジオストクでロシア機体験飛行が可能になったら利用者が多いですよと言われました。こんな大金を気にしないで払える日本人がどのくらいいるのでしょうか? 利用者が多い・・・謎の言葉ですが理由を聞いたら納得できました。

カムチャッカで2週間のハンティングするくらいの費用ですね。
ハンティングツアーにはガイド、通訳、ハンターそして世話係(食事等)が必要です。

世界でハンティング・・・

日本では狩猟ツアーを紹介するのは自粛されてるのでしょうか?
日本の旅行会社が施行してるツアーをネットで探しましたがありません。
デンマークの旅行会社が世界のハンティングツアーを紹介してます。
個人向けでなく会社が予定してるツアーに参加したい人を募集するシステムです。>>>英語サイト
英語ページをGoogle翻訳を使うことで日本語で読むことが出来ます。

参加料金が一番安い、1人から受け付けは


ここをクリック

結構なお金が必要です!ハンティングを贅沢にお金を余りかけずに楽しむ方法を知ってますか?
ロシアにハンターを趣味としてる人を友人に持つことです!
私が知る限りこれ以上の妙案はありません。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村