ロシアでアウトドア? 日本では現実を知らないのでしょうね!?第一弾は魚釣り

アウトドアにもいろいろ種類があります。
キャンプ、BBQ、釣り、ハンティング、乗馬、スキーと多種多様です。
ロシアでアウトドアが出来る?と考えたことはないでしょうね?
理由は情報がないからです。

ロシアにはロシア式のダイナミックなアウトドアやダイナミックな命を代えて遊ぶロシア人は少なくないです。

一番簡単なフィッシング魚釣り・・・
ウラジオストクで一番ダイナミックなフィッシングは日本では無理でしょう。
それは
ヘリコプターでウラジオストクから原生林の中に移動し人間が住んでないところに降りると何とバンガローがあり目の前には川が流れてます。釣りに来る人はこの場所を知ってる人以外は誰も来ません。
理由は道、道路がないからです。ヘリコプターが唯一の交通機関です。
原生林の真っただ中ですのでハンターを同伴しなければなりません。そして当然ですが料理を作るコックさんも必要です。

プーチン大統領もそんな場所で夏休みを楽しんでます。

ヘリコプターで移動はちょっと、と思う方にはウラジオストク市民の冬の風物詩である海で魚釣りがあります。海は海でも凍った場所です。ドリルで穴をあけて・・・と大胆です。最近は小さなテントを持ち込んで風よけにしてる人もいるようです。氷上釣りは危険はないのでしょか?


危険じゃないですか?とウラジオストク人に質問したら笑われます。
危険が何だと逆に質問されるでしょう。
勇敢な女性も釣りをしてますがほとんどが岸の近くです、女性は狩りをする考えがないからでしょうね。男のスポーツです。
私の知り合いの人は氷上魚釣りは遊びと思ってるようで彼が実行してるのはこの上を車で走ることです。
彼の車は・・・COMBAT(ロシア版ハマー)
当時はこの車は沿海州で二台だけと言ってました。
知事さんとその友達。アラブのお金持ちはこの車を防弾仕上げにして乗ってまるようです。Wi-Fiも完備できます。

彼の消息は・・・最近はニュースがないですね。
釣りや車で氷上(底は海)は何も知らない人だったら事故る可能性が高いです。
それも結構な数の人が毎年亡くなってますので。

日本の方には凍った海の上で万歳をして写真にとる人は時々います。
もし、会員さんでこの氷上フィッシングがご希望なら専門家をご紹介します。

内容を気に入った方は下記を一回だけクリックしてください。
ロシアネタに興味のある人が増えれば情報を増やします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 極東ロシア・ウラジオストク情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です