AK47 カラシニコフを国旗に使ってる国がありますがどこでしょうか!?

マニア向け超難問になりそうな出題です。
答えは・・・モザンビーク

アフリカで国家がトロフィー・ハンティングをビジネスとしてる国だと最近しりました。ポルトガルの植民地だった国です。

昨日はロシアからAK47の話がいろいろありました。
ロシアは銃規制が厳しくなり銃の許可や購入が難しくなってると昨日知らされてびっくりしました。猟銃なら手続きをとれば可能だそうですがAK47は・・・購入は無理ですと言われました。前にはフルオート発射のAK47が禁止になった話は聞いたことがあります。コサック牧場のオーナーはそのAK47フルオートを持ってるそうです。

アメリカでは購入できます。1000ドルちょっとです。

何と日本でもAmazonで買えます!!

電動ガンです・・・

本物を実射したい方はウラジオストクのコサック牧場へ!!

実は・・・
ゴルゴ13はすでにウラジオストクへ来たことがあります。ちょっと前ですがマンガの中でウラジオストクへ行ったようです。彼の乗った飛行機がウラジオストク港の上を飛んで空港方面に向かった場面は間違いです。港の上、軍港ですので上空は飛べません。そしてゴルゴ13はM16の愛用者ですのでウラジオストクで使った武器は何だったのか?と今頃考え始めました。
AK47 vs M16 はロシアとアメリカの威信をかけたライバル同士です。
M16愛用者のゴルゴ13の言葉は

『AKは、50年後も名銃として名を残すだろう。しかし、M16には、それまでの命はない』とさえ言わしめたのだ。だてにギネスブックに「世界一使われた銃」として名を馳せてはいない。

次のブログはコサック牧場から提示された料金の案内です。
興味のある方は下記を一回だけクリックしてください。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です