ロシアでは普通のことですが日本人に信じられない事実!

ロシアではホワイトカラー族は低賃金と聞いたら信じますか?

ロシアでは男性の医者すくなくほとんどが女医です。
理由は医者は給料が安いので男性が医者だったら薄給なので家庭を持つことが出来ないからです。ロシアでは金儲けの為に医者になろうと考える人はいません!
仮に両親が医者だったらその家庭の経済レベルは中レベルの最低と言うレベルです。

これは大学教授もほぼ同じですね。知的階級は薄給で高給取りは肉体労働者です。これは社会主義で築かれた現実です。
という私は社会主義と共産主義の違いが判らないので政治の話はできません。
ロシアの政治家はいちおう月給制で決して高収入ではないようですがロシア人は誰も信じません。信じてる人は月給はその金額だけど副収入があります、というのがロシアです。ロシア人に月収を尋ねてその低い額にびっくりする日本人がいますがウラジオストクはロシアで一番物価の高い都市ですが日本人はその月収でどうやって生活できるのか不思議に考える人は収入を日本と同じ方法で得ると考えてるのでしょうね。日本の常識はロシアでは全然、通用しません!

ロシアの女医さん、私ん近所にもロシア女性がいますが彼女のお母さんはロシアではお医者さんでお父さんは長距離トラックの運転手です。この組み合合わせがロシアの女性さんには多いですね。

ロシアでは長距離で荷物を運べば帰りは空の荷台です。その荷台には他の人の荷物を載せて蹴り道に届けたりそれを誰かに販売すればその人の収入に直結です。

ロシアにはトヨタの工場がサンクトペテルブルグに出来たときにそこで働きたいと希望するロシア男性がたくさんいました。
しかし、半年後はロシア人はトヨタの会社を辞めました。
徹底的に在庫管理された日本の工場ではロシア式に品物の横流しは出来ません。
給料は安くても横流しが暗黙の了解で認められてるのがロシアの社会ですがトヨタではそのロシア式が通じないのに気が付くのに半年かかったのでしょう。

横流しを当然と考えるのは中国人も同じですね。会社のモノは私のモノ・・・と規模の違いによりますがみんなで横流しをすれば問題はない、というのが私が気が付いた共産主義社会主義国の基本のようです。

ロシアで私が知る限り一番の横流しは窓製造工場です。
ウラジオストクのあちこちに堂々と窓販売の広告が異常に並んでます。
ロシア語でオクノと言いますが政府の窓工場を従業員や幹部が自分の工場みたいに使ってるのでしょうね。材料は頼めば入ってきますが多分、経理部がないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です