ウラジオストクの沿海州でトロフィーハンティング

トロフィーハンティングに対してはいろいろな意見があります。私は生きるためにいろいろなモノを食べますが肉類も勿論含まれてます。
トロフィーハンティングに反対する人は霞を食べてるのでしょうね。

ウラジオストクから送られてきた本日の情報は私が待ってた情報とは異なりますがウラジオストクにはすでにトロフィーハンティングの施設が出来上がっており欧米からのお客さんが来られてるようです。

極東ロシアとアフリカでは仕留めることが出来る動物には大きな違いがありますのでハンターの夢であるアフリカ遠征には及びませんが夢でないトロフィーハンティングが出来る施設がウラジオストクにあります。

勿論気軽に出かけることができる料金ではありませんが日本から僅か二時間のフライトそしてその施設までは当日に到着できます。

政府公認そしてWWF指導に従ってる施設のようです。
そこで仕留められる動物は一部ご紹介

レッドシカ(海洋赤鹿)
猟期:10月1日から1月5日


アムール(ブラウン)クマ
猟期:3月21日から6月10日、8月1日から11月30日
狩猟は塔からの給餌プラットフォーム上で行われます。
猟犬と追いかける方法もあります。



この施設の広さは400,000ヘクタール

ロシアはお風呂でなくバーニャ(サウナ)が有名で用意してあります。

宿泊施設も整っており専門の調理師が料理を提供してます。1泊3食約100ドル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です