ロシア原産 ボルゾイ

日本では馴染みのないボルゾイはロシア原産の狩猟犬です。
ボルゾイというのは俊足と言うロシア語です。
Wikipediaやネットでお調べください。

Wikipedia一部引用:走行速度は50km/hである。オオカミ狩りの猟犬としてロシア帝国の貴族に飼われていた。そのため、ロシア革命後に貴族の象徴として民衆に多数の個体が虐殺された。しかし革命前に海外の王侯貴族に進呈されたボルゾイをブリーディングし、再び純血種として復活した。

内容が気に入られたら下記をクリックしてください(一回だけOK)
ブログリングで上位に表示されればロシアのハンティングに興味がある方が多いと考えますのでロシアのスタッフたちに日本人ハンターがロシアで楽しめる環境と場所を提供すべき情報をどんどんアップします。

現在のウラジオストク、ロシアですが8日間はE‐VISAがネットで無料取得で自由にウラジオストク周辺を動き回ることが可能です。

飛行機は成田から毎日就航してます。

飛行機代金は時期によりますが35000円から70000円(往復)
宿泊先はホテルは3000円くらいから。

ウラジオストクは現在、グルメの街に変身中で世界各国の料理が楽しめます。
日本料理屋さんも15軒くらいあります。ラーメン屋が2軒。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
ウラジオストク情報は
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

ロシアのハンター・狩猟者そしてマタギのご紹介

ロシアのハンターのドミトリさん。
ご自慢のコレクションの写真が昨日届きました。

ロシアでは銃は許可を取れば所持は可能でロシア男性で銃を所持してる人は結構多いのですがアメリカと異なり銃犯罪の話は聞いたことはありません。
ロシアでは銃は犯罪でなく狩猟でつかうのが一般的なのでしょう。


ロシア人でナイフを集めてる人は少なくありません。
日本の包丁の研ぎ方を話してた時に私のナイフを見せてあげると別部屋からナイフを一抱えして見せてくれた人もいました。

デリトリさんもナイフを自慢したかったのか下記の写真が届きました。ナイフというより刀ですね。

コッサク帽子を被ってくれました!
デミトリさんの本職は農業です。コッサクのDNAが流れてる人なのです、