ウラジオストクでお勧めでない商売

日本食レストラン!

理由は現在、15軒くらいの日本食レストランがあります。
正式な日本料理を作るためには材料は日本から仕入れる必要があります。
成田―ウラジオストク便の飛行機で魚や日本食財力を運んでる場合がありますがこれらの素材は日本領事館用です。

また,ウラジオストクの日本食レストランの多くは韓国人の経営ですので日本人が経営者として行う場合はどうしても料理の値段が高くなり日本食レストランの値段競争が始まれば日本は勝つことは出来ません。

もし、何か日本食関係の料理で商売したい場合は現地で入手できる材料だけで作ることの出来れば可能性があるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました