上流階級のレジャーで伝統

アメリカは馬と言えばカウボーイを最初に連想しますがヨーロッパの場合は英国風に乗馬をする光景が目に浮かびます。
お隣のフランスも乗馬は貴族や上流階級が楽しんでます。

日本では英国式乗馬が一般的であり私はフランス式と英国式の違いは分かりません。
その英国とフランスが昔から何度も戦争をしており政治的には親しいとは言えませんので一般国民の中には
相手国を嫌う人が少なくはないです。

フランス人の対してはイギリス人はフランス語の発音からフランス人を Frog(カエル)と軽蔑した目で発言する人がいます。
もちろんフランス人も負けていませんのでイギリス人の特徴を言い表す言葉で反論します。ちなみに私のパートナーはカエル系です。

このお二人の顔を見ればイギリス人の特徴そのままでフランス人が上手く言い当ててると思います。
答えは Horse 馬です。

アハルテケ

世界一美しい馬 と言われるアハルテケ!
日本ではそんなことは一般には知られてません。
黄金の馬と言われたり世界には1250頭しか生息してないなど神秘的な響きがあります。

最近のロシアのニュースでは中国で競馬が復活する予定だそうで中国人がモスクワ経由でアハルテケを25頭買ったようです。

コサッック牧場のお馬さんたちはアハルテケとサラブレッドの混血ですのでアハルテケの特徴である鞍までの高さは高いです。

トロイカという言葉は聞いたことがありますね!?

走れトロイカは・・・ロシアの民謡で日本でもお馴染みですね。

政治的には3人の実力者が組織を運営し集団を指導する仕組みを表す言葉で政治で時々耳にします。
民社党の始まり、小沢氏、菅氏そして鳩山氏の三人がそう呼ばれました。

3の数字は
три ロシア語スペル
発音は トリー
ラテン文字では tri

トロイカは馬車の意味もありますがロシアの馬車はいつも三頭立てのようです。

ウラジオストク周辺でお馬さんと散策

ウラジオストクのある沿海州、面積は日本よりちょっと狭いですが人口密度は・・・ロシアで一番少ないところですので自然がいっぱい。
ブラジルのアマゾンと同じという人もいますがそんな密林(原生林)はたくさんあります。

 

ペトラで洪水

数日前にペトラについてブログを書きましたがそのペトラで土石流が発生!馬さんやロバが流されてます。
先週は中東では豪雨で知り合いのいるクウェートも被害を受けたようです。
砂漠の国で豪雨そして洪水が発生・・・

当時現場には4000人の観光客がいたそうで日本人47名は全員無事だそうです。
ペトラはロシア人にも人気があり数百人のロシア人がいたはずです。
ロシアのニュースを探してます。
日本のニュースでは死者は出なかったそうですが実際には11名が亡くなってます。

数日前はクウェートで大洪水が発生したというニュースを知ったばかりですが次はペトラとは予想もしませんでした。
エジプトへの観光客が減ってますがペトラは訪問者が増えてます。
ペトラの入場料は結構高いです。一度行ったことがありますが入場料を見てびっくりしたのを覚えてます。
広すぎる敷地なので1日では一部しか見れませんので興味のある人は1週間くらい滞在するようです。

観光客に宝石?をうるベドウィン族親子。皆さん英語は上手です。
ペトラは洪水は目づらしくないのでしょう、この親子にどこに住んでますかと尋ねたら山の上と答えてました。きれいなマンションが建っておりそこから通勤してるそうです。日本のメディアは洞穴に住むベドウィン族は安全な場所に移動とありましたが年間100億円近くを稼ぐ世界の観光地です。住民も皆さん良い生活をしてます。洞穴は商売用のお店です。


岩山巡りが観光ですので危ない箇所もたくさんあります。
前を歩く女性(私の奥様)は高所恐怖症?だそうで腰が完全に引けてます。
この道は観光客用でTaxiも利用できます。といってもロバですが・・・
近くの谷間を覗くと飛び込みたくなる衝動になるそうで後ろから写真を撮りながら私が見守ってました。

ウラジオストクへはプロペラ機!

現在、日本とウラジオストクにはロシアの2社が飛んでます。
オーロラ航空は カナダ産のプロペラ機を飛ばしてます。
日本で唯一の国際線プロペラ飛行です。


急速に宿泊施設が増えてますが若者旅行者を対象にしてホステルが町の中心地に集まってるので動くときは便利です。

ホステルとホテルの違いは・・・
ホステルはユースホステルと考えてください。一人部屋でなく相部屋ですので値段によって安い場合は多人数での相部屋の場合もあります。

ウラジオストクは白人だらけ・・・

ロシア人は白人系ですので当然です。
ロシアは120以上に民族が住む多人種国です。

ロシア人の本来のスラブ系、ウクライナ系、ポーランド系、ドイツ系そして
高麗人(韓国系)や中国系のロシア人も住んでますが9割以上は白人系ですね。

ウラジオストックってこんな町

昨年からウラジオストクは8日間はビザ免除になっておりネットでウラジオストク滞在限定のビザが無料で取得できるようになってます。
ウラジオストクを訪問する日本人旅行者の90%は女性です。

日本男性はロシアにはあまり興味がないのでしょうね・・・!?
昨年からウラジオストクを訪問するツアーや旅行客が増えており毎日、日本とウラジオストク間にはフライトがあります。
そして飛行時間も二時間ちょっとです。

20数何前に日本のある県が作ったキャッチフレーズは
日本に一番近い西洋・・・というタイトルでした。

ウラジオストクを訪問すればすぐに分かるのはウラジオストク人は親日家です。
そして多くの人たちが知日派です。
また、日本語を勉強してる人が多いので日本語学科の大学生から日本語で話しかけられることも多いですね。
もちろん、ロシア女性は男性には話しかけません!
ウラジオストクは観光ズレしてないので日本の旅行者をだます人の話はまだ聞いたことがありません。